ゲームの記録

備忘録

【シリーズ傑作】永劫会事件の感想

 

ガラケー時代に配信されたゲーム「探偵・癸生川凌介事件譚」シリーズ。Switchで配信されていますが、最近配信されたVol.10の「永劫会事件」をプレイしました。実はこの「永劫会事件」は7,8年くらい前に1度プレイしたことがあります。内容はほぼ忘れていましたが、めちゃくちゃ驚いたのは覚えていたのでプレイし直してみました。ちなみに他のシリーズはプレイしたことはありません。

プレイ時間は3時間30分〜4時間でした。 

4人のプレイヤーの視点から物語を進めていきますが、それらが段々と繋がっていくのがワクワクしました。

最後の推理。これは初見では難しいと思いますね。2度目のプレイだったので物語を進めていくうちに内容を思い出しました。ただ黒幕的存在を的中できず…当たらなくても話を進めることができます。(私は攻略サイトを見ちゃいました)

2度目でしたが、驚きはありましたね。そして随所に過去作や今後の展開に対する匂わせがあったので他のシリーズもやりたいなぁと思いました。

シナリオライター生王正生の由来は泣けますねぇ…

 

有識者曰く、最初に永劫会事件」をプレイするよりは何作かプレイした後にプレイするのが良いそうです。

 

テーマは重い感じでしたね。今の社会でも問題になっていることで、ニュースやSNSなどでその話題をよく耳にします。

デリケートな話題ですが、作品は上手く描かれていたなと思います。理解があるように感じられました。

 

今回はシリーズの中でも特に評価の高い作品みたいです。いきなりここからプレイしたのできちんとした評価ができないですが、とても面白いミステリーゲームだと思います(語彙力)

他のシリーズもやっていきたいと思います〜

【セール】5月に買ったゲーム

 faultシリーズのスピンオフ作品ということで買いました。絵本の世界が舞台でfaultシリーズとは全く違う世界観で独立した話になっています。立ち絵は用いず、イラストの数が豊富です。

store.steampowered.com

ゲームのアイコン?が女性同士がキスしている画像だったので、思わず購入(百合好き)

store.playstation.com

  • Lanota

音ゲーをやりたかったのとセールで音ゲーの中で1番安かったので購入。

store-jp.nintendo.com

  • くっころでいず

絵がかわいかったのとセールでかなり安かったので購入。あらすじを読んで面白そうだと思いました。

store-jp.nintendo.com

  • カテゴリーⅠ~死線上のサバイバー~

イヌワシ制作のオレンジの新作なのと人狼ゲームをモチーフにしたADVということで購入。セールでお安くなっておりました。

感想ブログを後ほど書きます。

store-jp.nintendo.com

  • fault - StP - LIGHTKRAVTE

大好きなfaultシリーズ新作。リリース記念にセールされていましたが、元の価格もクオリティに対して安すぎてセールしなくてもいいのになんて思いました。(お安く買えるのはありがたいことです)

 
クリアしたものもいくつかありましたが随時プレイしていきたいです~(資格の勉強のためあまりできませんが)
 

「くっころでいず」をプレイしました。

Switchで、セールで800円400円になっていたので買ってみました。

異世界からやってきた女騎士カトレアとカトレアが元の世界に戻るまで一緒に暮らす話です。

1時間半〜2時間くらいでクリアしました。

 

「紳士ゲーム」と言われているqureateのゲーム。今作もえっちなシーンがちょくちょくありました。パンツ見えてますよ!とツッコミを入れたくなりました(笑)

 

デートシーンでは、普段の騎士としての振る舞いとかわいいものに感情を動かすカトレアのギャップがかわいかったです。

 

エンドは3パターンありました。個人的に好きなのは、カトレアが元の世界に戻るも、またこちらの世界に戻って主人公と過ごすエンドです。欲を言えばもっとイチャイチャを見たかったですが、値段を考えるとこの長さで妥当かなと思いました。

立ち絵がぬるぬる動くのもいいですね。

 

結構面白かったので他の作品もやりたくなりました。次回以降のセールを狙います。

ちなみにSteam版ではR18版の追加パッチもあるようです。そちらも気になる(ゴクリ)

 

 

 

「くっ、殺せ」というカトレアの口癖が今作の魅力です(笑)

【faultシリーズ】fault - StP - LIGHTKRAVTEの感想と紹介

 

5月1日にこのような匂わせツイートがされたと思ったら

 

 

まさかの新作!それも5月28日ということで近い!

 

そんなわけで当然!配信日に買ってプレイしました~

 

 

この新作はmilestoneよりも前のお話で、Steamで配信されている体験版の「SILENCE THE PEDANT」のオムニバス形式の第一作となっております。1話完結でmilestoneをプレイしていなくても楽しめるお話です。体験版のStPをやっていると舞台設定が同じで繋がりがあるのでより楽しめると思います。あのシーンとかあのシーンとか。

プレイ時間は4時間程なのでサクッとやれておすすめです。

 

物語はというと、端的にいうと「画家を目指す少年の物語」です。

カージは、女性が大好きで女性の肖像画を描きたいという思いから画家を志望していますが、就望活動(就職活動のようなもの)の面接の結果、画家としての才がない上、大きな農家の息子ということもあり農家を継ぐことを勧められます。ですが、カージは諦めきれず絵の練習を続けます。

ある時、絵を描いている女の子から有名な絵描きであるクラウに絵を見てもらったらということを提案されます。伝手を使い、クラウに絵を見てもらいましたがそこで衝撃的なことを言われてしまいます。

「君が見えている世界と大多数が見えている世界が同じじゃないかもしれない」

認識が違うからいくら描いても絵が上達しないということ。

カージは落ち込みます。

そんなときにリトナが作ったガラス細工のレンズに出会いました。そこから新しい思い、新しい発見があり、自分の見えている世界を絵にする方法を思いつき、奮闘します。苦難の果てに出た答えとは?

といった感じです。

 

milestoneででてきたキャラクターがここにもでてきます。

各キャラクターからもらう言葉に色々考えさせられました。

 

 

天才と呼ばれるリトナの悩み。人が羨むものでも本人にとっては悩みだったりすることもありますよね。

 

 

「読むアニメーション」と言われた今作。キャラクターの立ち絵がぬるぬる動きます。

ですが正直「読むアニメーションってこれのこと?地味だなぁ」と思ってしまいました。というのも最近、qureate制作の「くっころでいず」をプレイして同じ体験をしたので個人的にインパクトがないように感じられました。(実際は作業量が増えてめちゃくちゃ大変だと思います)

ですが終盤にかけて「!!!!!!!」となるシーンが。

milestone2上の強制シャットダウンの衝撃と同じくらい興奮しました。それに進化している!

↓アニメを見ているかのようでした

 

最後の場面。

StPの体験版やっているとここの意味がわかりますね(´;ω;`)

 

音楽もよかったのでサントラ発売してほしいなぁ。

 

 

そしてまた気になる終わり方をしました。続編待ってます!!!!!!

 

 

6月4日まで15%OFF!

store.steampowered.

過去作(マクナ=グラムラとフェアリーベル含む)も50%OFFです!

こちらはコンプリートセット

store.steampowered.com

 

過去の紹介ブログ

yuuuugames.hatenadiary.com

 

yuuuugames.hatenadiary.com

【Lanota】朝に音ゲーをして目を覚ます。

Lenotaという音ゲーをSwitchでセールで買いました。

1500円→850円になってました。

 
なぜ音ゲーを買ったかというと、朝起きるのがつらいので音ゲーをやれば頭が働くようになるのではと考えました。RPGやADVだと文字読んで眠くなりそうなので音ゲーで。
昔、受験生だった頃に、朝早く起きて勉強するためにディシディアファイナルファンタジーという対戦アクションゲームをやっていて効果があったので、朝に頭を働かすようなゲームをやる方法を思いつきました。
ゲームをやる時間があまりないので早起きして他のゲームをしたいがための音ゲーです(笑)
 
本当はDEEMOを買いたかったのですが、買おうとした前日にセールが終わっていて、負けた感(?)がしたので別のゲームにすることにしました。
他にはCytusαとVOEZで迷ったのですが、音楽と安さでLanotaを選んでみました。
サブスクでCytusとVOEZの曲を聴いてるのですが、こちらも中々良いなぁと思いました。
 
Lanotaの特徴は譜面が動く演出だと思います。ボタン操作はなく画面をタッチして操作します。絵本がテーマの世界観ですが、正直ストーリーはどう進めればいいのかわからないし、内容を把握しきれてないので、純粋に音ゲーとして楽しんでいます。
ゆったりとした音楽からアップテンポな曲まであって幅が広くて楽しめます。
難易度も音ゲー初心者用の難易度があるので快適にプレイできてます。



楽曲をサブスクで配信してほしい…


【5/26発売】カテゴリーI~死線上のサバイバー~

 

イヌワシ」、「探偵神宮寺三郎シリーズ」を手掛けたオレンジによる人狼ゲームをモチーフにしたゲームです。

オレンジ公式Twitterをフォローしているのですが、新作発表のツイートで「これは面白そうだ!」と思いました。人狼ゲームといえば、ケムコの「レイジングループ」でドキドキワクワクしたのでそれを想像してしまいます。

 

体験版が配信されていたので早速プレイしてみました。

ショッピングモールで爆発事故に遭遇し、瀕死の重体を負った10人が、VR空間で『インフェクテッド・ゲーム』を行って勝利することで、優先的に手術を受ける権利を得られるという物語です。

体験版では、1戦目の最初の投票まで行われたところで終わりました。続きが気になるので購入しました。

配信日から2週間限定で30%OFFで980円(税込)686円(税込)で提供されています。

store-jp.nintendo.com

【 faultシリーズ】fault SILENCE THE PEDANT 体験版の感想

以前にも紹介したfaultシリーズです。Steamでプレイしました。

yuuuugames.hatenadiary.com

 

SILENCE THE PEDANTはmilestoneよりも5年前が舞台になっております。リトナがセルフィーネのガーディアンになる前のお話です。

リトナが14歳、セルフィーネが10歳とのことで、私は二人は同じ歳くらいだと思っていたのでセルフィーネが幼くてびっくりしました。

あらすじは、物語冒頭で国王のガーディアンである祖父を亡くし、天涯孤独となったリトナが、自分もガーディアンになるであろう道に疑念を抱くようになったとこから始まります。

この頃のリトナは中々曲者ですね(笑)

リトナがセルフィーネのガーディアンになった経緯が明かされる物語といえるでしょう。

 

絵がとても綺麗ですね。


 

今作からアドベンチャー要素が加わりました。コールで各キャラクターと会話したり、マップで移動先を選んだりします。

新しい試みで良いとは思いますが、気になる点がいくつかありました。物やキャラクターをクリックしないと話が進まないのでクリックできるものを探すのですが、それが見つけづらかったり、一回クリックしたところを再度クリックすることで話が進む場合もあるのですが、同じ文章が繰り返されるともうそこはクリックできない仕様にして欲しいなと思いました。(欲張り)

 

 

 

 

このシーンのリトナがめちゃくちゃかっこよかった!唐突に剣の生成が始まったのでびっくりしました。早い!

 

 

シリーズ開発者(MUNISIXさん、小夏はれさん)のインタビュー記事があります。ボリュームもあり中々興味深いです。記事が書かれたのが2017年と少し前です。

jp.ign.com

 

続編待ってますよ!!!